耳鼻咽喉科たかきたクリニック

耳鼻咽喉科 たかきたクリニック-みみ・はな・のどの病気、甲状腺・頸部の病気

地下鉄東西線「醍醐駅」より徒歩1分
パセオ・ダイゴロー西館1階
お問合せ075-573-4133

当院について

  • 診療内容
  • 施設案内
  • 院長プロフィール
当日順番受付
再診の方のみ携帯電話の画面・パソコンから当日の診察順番の受付ができます。
受付専用ウエブページ
当日順番受付時間
順番受付Q&A
当院はじめての方への方へ
みみ・はな・のどの病気
みみ・はな・のどの病気
ことばの相談
診療時間
診療時間について詳しく見る
診療時間
たかきたクリニックマップ
診療内容
耳鼻咽喉科一般

■耳の病気

難聴、めまい、顔面神経麻痩などの神経耳科的疾患からお子さんに多い滲出性中耳炎、急性中耳炎、外耳炎、手術を要する慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎などがあげられます。
耳が痛い、聞こえにくい、めまいがする、まぶたが閉じにくい、食べ物が口からこぼれる、などあればおこしください。
子供の場合は、テレビの音を大きくする、聞き返しが多いなどがあれば注意が必要です。
とくに急に聞こえにくくなったり、耳がつまった状態が続いたら、早めに来院ください。

 

■鼻の病気

花粉症などのアレルギー性疾患、副鼻腔炎、鼻出血、嗅覚障害、鼻副鼻腔の腫瘍などがあげられます。
鼻づまり、はなみず、くしゃみ、鼻血やにおいが分からないなどの症状が出ている場合ご相談ください。

 

■のどの病気

扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、声帯ポリープ、いびき、睡眠時無呼吸症候群、喉頭がん、咽頭がんなどがあげられます。
のどの痛み、のみこみにくい、むせる、声の調子がおかしい、いびきがひどい、日中よく眠くなるなどあれば、来院ください。

甲状腺・頸部の病気

耳、鼻・副鼻腔、口腔、舌、咽頭、喉頭、唾液腺、甲状腺など頚部に発生する全ての癌・腫瘍を対象と しています。
首のしこりや腫れ、耳からの出血、鼻づまり、鼻出血、舌の潰瘍やしこり、声がれ、声の調子がおかし い方などご相談ください。

 

天理よろづ相談所病院、京都大学、京都医療

センター(旧国立京都病院)において、これら疾患に ついて研鑽を深めてきました。これまでの経験をもとに少しでもお役にたてたらと考えています。

 

当院では超音波検査、電子内視鏡検査などによってそれら疾患の発見をおこない、適切な病院を ご紹介します。また、治療後の経過観察や機能障害の相談も行っています。
なお、木曜休診日には、京都医療センターや天理よろづ相談所病院で手術に参加しています。

ことばの相談(言語聴覚士対応)  

※言語外来(言語聴覚士対応)は毎週火曜日に行っております。

始めて来院の患者さんは、火曜日の午前診療のみとなります。

言葉の発達や発声、発音、嚥下障害など気になる方で、午前診に来院できる方は、受付窓口にお問い合わせいただくか、一度受診ください。

 

当クリニックでは専門の言語聴覚士(ST:Speech Therapist) が在籍しています。

ことば 子供:発音がはっきりしない、ことばが遅い、つまる、人と遊ぶのが下手。
大人:ことばが出にくくなった、しゃべりにくい、発音がはっきりしない、
脳梗塞などで話しにくい。
聞こえ 子供:音の反応が鈍い、テレビの音を大きくする、呼びかけても返事をしない。
大人:聞こえが悪くなってきた、補聴器があわない、補聴器の相談をしたい。
食べる 飲み込みにくい、のんだり食べるときにむせる、食事に時間がかかるなど
気になりましたら気軽にご相談ください。

 

難聴、自閉症などの発達障害に対して対処法を見出すために、個室で検査・評価を実施し、言語療法、助言を行います。

 

現在、言語聴覚士は毎週火曜日に対応していますが、その前に、通常の診療時間に医師が診察を行い、そのうえで予約となります。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とはハウスダスト(ほこり)・ダニ・花粉などが原因となり鼻の粘膜がアレルギー反応を起こし、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの症状が出る病気です。
大きく分けて鼻炎症状が1年を通してみられる「通年性アレルギー性鼻炎」と、花粉症などの「季節性アレルギー性鼻炎」のふたつがあります。
まずは薬による症状のコントロール、治療が基本ですが、必要に応じて原因物質(アレルゲン)を調べ、また鼻づまりの強い方に対しては高周波ラジオ波メスによる外科的な治療も行います。

耳鼻咽喉科 たかきたクリニックTOPへ

たかきたクリニックロゴマーク〒601-1375
京都市伏見区醍醐高畑町30-1-2-22 パセオ・ダイゴロー西館1F

耳鼻咽喉科 たかきたクリニック

地下鉄東西線「醍醐駅」より徒歩1分

TEL. 075-573-4133(よいみみ)

copyright 2013 Ent Takakita Clinic all right reserved.